人生を考える機会

日本はあまり転職が活発でない国です。
終身雇用制や年功序列制で会社に長くいればいるほど役職も上がるし給料も上がっていくシステムの企業が多いので、転職してもメリットがないのです。
ですが最近ではITベンチャーなどでは能力主義になり、出来る人はどんどん今いる会社より条件がいいところへヘッドハンティングされたりして転職をしていく時代になってきました。伝統ある大手企業ではまだそんなことはないし、実際に大手証券会社からベンチャー企業へ転職した人は送別会の日にまで転職するのはどうかと思うと上司から言われた、などという体験談も語っていました。
また、女性を対象に「なぜ今の会社に勤めているのか」という質問をした結果、やりたい仕事ができているからという回答が多いようでした。しかし「給料をもらうため」や「転職したいが転職先を決めることが出来ない」などといった生活のために仕方なく働いているという人もいたようです。
年齢を重ねれば重ねるほど転職だったり今いる環境を変えることは難しくなります。
家庭があるなど、特に事情がなく、今の仕事に違和感を感じてこのままでいいのかと考えている人は、転職という選択肢も考えてみてもいいのではないでしょうか。
転職するにはやはり自分に価値をつけなければならないので自分のスキルを磨くことにもつながるし、自分の人生を考えるきっかけにもなります。
現在は、多く転職支援サイトがあります。こちらのサイトも参考になりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です