進路は早めに考えて

女性の仕事を続けるか辞めるかと考える時期は、結婚や出産にちょうどいいとされる20代後半から30代前半くらいまででしょうか。
たとえその時期に結婚や出産をしていなくても、周りがそうなっていったり、自分の将来を考えると自然とそこに行き着くことが多いようです。
一生独身でいく、と決めるのもいいですが、これも覚悟が必要になります。今の仕事でずっと生計を立てていくのか、転職をも視野にいれるのか。まだ早いかもしれませんが自分が死ぬことがあったときにはどうするかなど、意外に考えることが多いものです。
また結婚したいと思っていても、それこそ相手が必要なことなので自分で決めることは出来ません。ですのでそれとなく計画を立ててもその通り行くことはまずないでしょう。
ですが出会いを求めて行動することは大事です。そして妊娠・出産となると、身体的な面からもやはり高齢出産にならないようにと考える人が多いので、それまでに結婚して会社を辞めるのか続けるのかということにつながります。
いずれにしても、そういった人生の分岐点に差し掛かってから決めるのではなく少し前から考えていきたいものばかりです。自分がそうしたくても環境や体制で出来ないことがありますから、それも覚悟の上で選択しなければなりません。現代の日本では女性が働きづらいこともあると思いますが、その分しっかりと自分で自分の進路を考えていかなければならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です