健康保険の重要性

退職してしばらく健康保険に加入していない時期を過ごす人もいるかもしれませんが、もしもその時期に大きな病気に罹ったとしたら・・と考えると心配もあると思います。退職してしばらくの間は国民健康保険に加入して、転職した後に切り替えるということをした方が良いでしょう。
実際に辞めた理由にもよりますが、会社によっては、辞める人の健康保険についてはあまり親身になって相談にのってくれることが無いような場合もあります。そういう時には自分で判断をするしかないのです。
去年の年収に関係してくることにはなりますが、家庭がある人でしたら尚更国民健康保険に加入をすることが必要です。それが家族の健康を守るためということになるのです。お金を払うことがもったいないというように思うこともあるかもしれませんが保険を持っていないまま医療費を払うと、とても高くなってしまいます。
その時になって初めて健康保険に加入していれば良かった・・と後悔することになるのです。そうならないためには任意ではありますが国民健康保険に加入する時期というのも必要でしょう。
退職をして、次の職を探すため時間が無いという人もいるかもしれませんが、就職活動中に自分がするべきことは何だろうということを考える必要があるのです。その上で健康保険というものは、とても重要なものになってきます。会社に勤めている時には当然だった制度も退職してからは、自分で考えて行動に移さなければいけないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です